実績紹介

物流に革命を

私たちは業界の常識にとらわれずに常に新しいことにチャレンジしてきました。 運ぶだけの物流会社ではなく、そこに+αの付加価値を生み出す提案で、数々の革新的サービスも誕生しました。誰もがまだ早いと口を揃えて言っていた頃に実践した3PL サービス。そして IT を駆使した物流システム。どれも、私たちオプラスのチャレンジの軌跡です。


物流センター機能を
オプラスが全面アウトソーシング
集荷・入荷・保管・出荷・お得意先様への配送まで物流業務をトータル実施
工場や仕入れ先への集荷・入荷・保管・出荷・お得意先様への配送まで物流業務をトータルでオプラスがお客様に代わり実施しています。お客様側で工場や仕入れ先に送る受注情報をデジタル処理し、タイムリーかつ小回りの利く集荷業務を実施しています。また、お得意先様からの受注情報を元に、商品の配送も実施。お客様側からのデータを元に、効率的かつスピーディな物流システムを構築しました。
  • IT活用により受注データをそのまま物流サービスに転換し効率化
  • オンライン受注代行により受注業務と物流配送を一括対応
  • 配送先ごとの受注データから商品のピッキングも代行
  • デジタル出荷検品によりスピーディーかつ正確な配送を実現

IT 導入で受注処理から
仕分け・配送・請求までを一元化
当社が強みとしている IT を積極活用し物流サービスのデジタル化を実現
旧来は手書き書類での配送依頼が多く見られましたが、社内で活用されている受注情報を IT 導入でデジタル化し、そのデータを仕分け・配送・請求まで一元化して管理する物流システムの構築を行いました。調達から配送まで、商品供給プロセスは受注・発注・請求の繰り返しで鎖のように繋がっています。モノの流れをシステム化して管理することにより、一層合理的な事業運営を可能にすることができました。まさに「情物一致、商物分離」の実現になりました。
  • IT活用により事務業務のコストを圧倒的に削減
  • 一元化されたデータを活用するため、配送ミスも激減
  • お客様側とオプラスで同じデータを共有できる安心感も評価

食品共同配送で、
急ぎの時も大量輸送も柔軟対応
当社の主要事業の一つ、食品共同配送で物流コストの大幅カットに成功
一社単独ではコストが高くなりがちな物流コストの削減のため、共同配送をご利用いただきました。総商品量を阪神地域の拠点までご用意いただき、夕方から集荷、夜間にお届け先ごとに仕分け、早朝から午前中に配達しています。2010 年からは荷主様のご要望にお応えし、定温輸送も開始しました。和歌山市の食品共同配送センターを拠点に、食品専用車輛にて、和歌山県全域・大阪南部をカバーしています。食品メーカー様、酒類メーカー様、菓子メーカー様、食品卸様、酒類卸様など多数の食品をお取り扱いされている荷主様にご利用いただいているオプラスの食品共同配送。共同配送をご利用いただくことで、特に遠隔地など特にコストが高くなる配送などで大きなコストメリットが生まれます。
  • IT活用によりタイムリー&スピーディー
  • 食品専用車輛もあるので衛生面・安全面でも好評価
  • 24時間体制もOK。共同配送だからこその低価格
  • 夕方集荷、夜間の仕分けにより、午前中配送の高い配送品質
  • 4t以下の指定納品先に関してもきめ細やかな対応

倉庫のご利用と合わせて
出荷前の梱包作業も代行
ご注文内容に合わせて倉庫内商品の梱包対応までアウトソーシング
お客様のご注文内容に合わせて、倉庫で保管している荷主様の商品の梱包業務を行っています。商品カタログの配布と注文受付以外はオプラスの配送センターで対応。仕入れた商品は直接オプラスの倉庫に入荷されます。注文内容に基づいて、当社の専門スタッフが梱包やのし付けなど一つひとつ丁寧に対応しています。さらに、準備された商品は当社倉庫から出荷し、個別のご注文者様のお宅までしっかり配送しています。お客様は、商品の保管用倉庫の確保も不要、配送準備をするスタッフの募集や労務管理・人件費などの経費も不要。物流に関するリスクを全面的にそぎ落としたアウトソーシングを実現させていただいております。
  • 商品の梱包やのし付け対応のアウトソーシングで季節雇用の負担軽減
  • お客様は販売と注文のみに特化しあとはオプラスが配送まで対応
  • 商品の保管もオプラスの倉庫へ。荷主様での保管場所確保は不要