IT導入で受注処理から仕分け・配送・請求までを一元化

オプラスで提供している物流サービス

当社が強みとしているITを積極活用し
物流サービスのデジタル化を実現



具体的な内容

旧来は手書き書類での配送依頼が多く見られましたが、社内で活用されている受注情報をIT導入でデジタル化し、そのデータを仕分け・配送・請求まで一元化して管理する物流システムの構築を行いました。



ここがポイント!

  • Point01IT活用により事務業務のコストを圧倒的に削減
  • Point02一元化されたデータを活用するため、配送ミスも激減
  • Point03お客様側とオプラスで同じデータを共有できる安心感も評価


担当者コメント

調達から配送まで、商品供給プロセスは受注・発注・請求の繰り返しで鎖のように繋がっています。モノの流れをシステム化して管理することにより、一層合理的な事業運営を可能にすることができました。まさに「情物一致、商物分離」の実現でもあります。